学校法人 中村学園 専門学校 ちば愛犬動物フラワー学園学校法人 中村学園 専門学校 ちば愛犬動物フラワー学園

動物看護師

  • HOME
  • コラム
  • 動物看護師

2017/10/2

動物看護師試験の概要や難易度、合格率について徹底分析!

動物看護士は人間の看護師とは異なり、国家資格ではありません。
そのため、実は動物看護士になるには資格の取得が必須ではないのです。

しかし近年では仕事内容の専門性が見直されてきており、資格を持っているのが条件である動物病院も増えてきました。
近いうちには動物看護士も国家資格として制定されるのでは、という話もあり、動物看護士資格の取得は業界的に推奨されています。
一般的に動物看護士資格と称する場合、一般財団法人動物看護士統一認定機構と呼ばれる団体が認定する資格のことを指します。
民間資格でありながら全国統一試験を実施しており、受験するには認可が下りている学校で特定の内容を学ばなければいけません。

そんな動物看護士資格ですが、はたして合格率や難易度、試験内容はどういったものなのでしょうか。
このページで詳しく解説していきます。

動物看護士資格の概要

動物看護士統一認定機構は、動物看護職の知識と技術の向上のため、要は専門的な知識を必要とする動物看護士のレベルを全国的に一定水準まで引き上げるため、試験を設けています。
ペットブームを皮切りに年々増加しているペットをはじめ、動物病院には多種多様の動物が訪れます。
需要が高まっている中で、動物看護士に求められる水準も高まっているのです。

動物看護士資格を取得するには、原則として動物看護士統一認定機構が定めたカリキュラムに基づいた「動物看護学」を特定の学校で学ぶ必要があります。(別途個別で受験資格審査も行っています。)
全国の大学や専門学校で受講が可能で、大学は8校、専門学校は98校が認められています。
各都道府県に1~2校しかなく、千葉県では専門学校ちば愛犬動物フラワ-学園の動物看護科のみとなっています。(2016年2月時点)

試験は年に1回、8都市9会場(札幌、仙台、東京第1、東京第2、名古屋、大阪、岡山、福岡、那覇)で行われます。
毎年9月から受験申込が開始され、11月後半までで締切、受験料払込みが12月中旬までとなります。

専門学校では基本的に最終学年より本格的に試験対策が始まり、年度末の受験に向けて準備を行います。
試験内容は一般問題90問と実地問題30問に分かれていますが、実地というのは図や写真を元に回答するものであり、全120問は全て5択のマークシート方式です。

動物看護士資格の難易度・合格率

動物看護士資格は専門知識も必要ですが、専門学校等で対策を行う人が大半であるため、合格率は80%を超えています。
あまり難易度が高くないと思われがちですが、動物の体の構造や機能、病気についてや行動学など、専門的かつ広い出題範囲をカバーするのは独学では難しくなります。
試験のノウハウを貯め、傾向と対策からしっかり準備しておく必要があるため、専門学校に入学したからと言って安心していてはいけません。
毎年5人に1人が資格を逃しているということを留意しておきましょう。

まとめ

動物看護士統一認定機構の働きかけが認められ、もし動物看護士の資格が国家資格として認められたならば、資格がない動物看護士は同じ業務内容で働き続けることは難しくなります。
しかし資格を持っていれば今以上に復職や転職が容易になり、安定した職業の一つとしてさらに人気は高まっていくでしょう。

今でこそ通信講座などでも動物看護士に関する資格は取得できますが、それは動物看護士統一認定機構の認可のものではないため、今後どの程度の保証をしてくれるかは分かりません。
とりあえず何か資格を持っていれば安心、という感覚ならば問題ないのですが、動物看護士として動物病院等で働くことを本気で目指すのであれば、専門学校へ進学して動物看護士統一認定機構の資格取得を目指しましょう。

幸い、対策さえしていれば試験自体の難易度はそれほど高くなく、合格率は高水準です。
また1年受験し直しなどにならないよう、準備は怠らないようにしましょう。

2017/10/2

動物看護士になるには?動物看護士を目指すなら専門学校へ行こう

主に動物病院で働き、獣医師のサポートが中心業務となる動物看護士。
動物に関する知識を持ちながら病院運営の様々な雑務をこなす必要があり、幅広いスキルが必要な職業です。

そんな動物看護士は、近年、特に女性を中心に人気が高まっています。
動物と関わる仕事である点をはじめ、専門的な仕事内容であるため経験を積むことで再就職も比較的容易になるからです。

それでは動物看護士になるには、何から始めればいいのでしょうか。
基本的には、動物看護士について学べる専門学校への進学がスタンダードな道のりとなっています。

動物看護士になるには

動物看護士は国家資格が必要な資格ではないため、原則的にはなるために必要な工程はありません。
アルバイトでも正規雇用でも動物病院等で動物看護士として採用されれば、学歴も資格も持たずに動物看護士として働くことが可能です。

しかし、冒頭にもあるように業務内容は専門的な領域となるため、実質的に知識と技術を身につけておく必要があります。
また実情として大きな動物病院以外だと教育に充てる時間もなかなか取れないため、即戦力でなければ雇用も難しくなっています。

そのため、動物看護士になるには、まずしっかり学ぶための専門学校に進むのがスタンダードな道のりとなります。
専門学校は業界特化で資格取得や就職にも強いという点も、進学すべき理由の一つです。

動物看護士について学べる専門学校では、動物看護学や生態学といった生物系の座学に加えて、雑務に必要なビジネススキルなどについても学べます。
また大学や通信講座ではなかなか出来ない実習も豊富で、動物看護分野以外にもトリミングや動物病院の受付業務などを実際のシチュエーションに近い形式で学ぶことができます。
動物看護士はやはり即戦力レベルの技術が求められている分、しっかりと実習の時間が確保されている専門学校の通学系コースを選択するのが重要です。

昼間部と夜間部がある場合、どちらもメリットデメリットはありますが、可能であれば昼間部に通う方がオススメです。
動物看護士は業務内容が広く自ずと学ぶ内容も多いため、授業時間が多い昼間部の方が身に付く量も多くなるからです。

また、専門学校では動物看護士に関わる各種資格もカリキュラム内で取得を目指すことができます。
動物看護士になるには持っていなければいけないものではありませんが、就職を目指すのであれば持っていた方が確実に有利に働きます。
動物看護士統一認定機構認定の動物看護士資格のほか、AAVサロントリマー検定や愛玩動物飼養管理士の資格を取得しておくことで、対応できる業務の幅も広がり、動物看護士として重宝される人材になることができます。

動物看護士になるために必要なこと

動物看護士になるには専門学校への進学がスタンダードだという話ですが、実際専門学校に行った後はどういったことを身につけるべきでしょうか。

前項の通り、取得可能な資格はチャレンジしておくべきです。
特に動物看護士統一認定機構認定の動物看護士資格については、動物看護士が専門性の高い職業ということで今後国家資格化される可能性がある以上は、取得しておいた方が後々有利に働く可能性があります。
最近では上記の資格がなければ採用を見送る動物病院も出てきているため、可能な限り取得しておくべき資格と言えるでしょう。

また、動物看護士が獣医師のサポート役とはいえ、同分野の業務を行う以上は動物の扱いに関して同レベルの知識を持っている必要があります。
獣医学こそ修める必要はありませんが、来院される方にとっては動物看護士も動物のエキスパートです。
特に動物病院の中では折衝面を動物看護士が行うことが圧倒的に多いため、知識に加えてコミュニケーション能力についても学校で養えると効果的です。

何より、専門学校に通うことでよりたくさんの種類の動物と触れ合い、経験しておくことが大切です。
勤務先の動物病院にも寄りますが、犬や猫専門というのでなければ爬虫類や鳥類、その他小動物を受け持つことも当然あり得ます。
そんな時に扱い方がわからないのでは、動物看護士として務まりません。
そのため専門学校を探す際には、保有している動物の種類にも着目しておくべきです。

また、学内の実習も重要ですが、やはり実際の動物病院で実習を受けることが一番の経験となります。
なので授業内ではもちろんのこと、アルバイトやインターンの斡旋を行っているかどうかも、専門学校へ進学し動物看護士になるには大切となってきます。

まとめ

動物看護士は動物の命を扱う非常にデリケートで大切な仕事です。
動物病院に来院される方の中には、大切な家族が弱っていることで精神的に不安定になっている方も少なくありません。
動物看護士はそういう時に、安心を与える立場でもあります。

動物看護士になるには決まった方法がありませんが、必要なこととしては知識や技術以上に、ペットとその飼い主に対する真摯な態度こそが必要なことなのかもしれません。

ペットブームの勢いもあり、今日本ではペットの種類も数もどんどん増加しています。
そんな中で動物看護士の需要も高まり、応じて求められるものも増えていきます。
動物看護士になりたいと思ったその気持ちを大事に、今後の動物業界を担う一員として、ぜひ頑張ってください。

2017/9/26

動物看護士になるために必要な資格は?気になる将来性も解説!

動物病院で獣医師のサポート役として活躍している動物看護士。
直接的なフォロー役の他にも、受付やお客様対応、備品管理や預かっているペットの世話など、非常に多くの仕事をこなしています。
人間にも医師と看護師がいるように、動物にも獣医師と動物看護士がいるのです。
それでは動物看護士になるには、一体どんな資格を取得すればいいのでしょうか。

医師になるには医師免許、看護師になるには看護師免許、獣医師になるには獣医師免許……これらはいずれも国家試験で持っていない人は職務に就くことができません。
一方動物看護士は、意外なことに無免許でも働くことが許されている職業です。

動物看護士になるために必要な資格

上でも触れたように、動物看護士になるために持っていなければいけない資格はありません。
就職することができれば、無資格のまま働いて実務経験を積むことができます。
運よくアルバイトとして働くことができれば、資格を受験しないまま就職することもできるでしょう。

しかし今では、専門学校や大学に進学後、動物看護士の認定資格を取得するのが一般的となってきました。
というのも、2012年までは様々な団体が動物看護士の民間資格を運営していたのですが、その中の5団体が協力して1つの動物看護士資格の認定を始めたためです。

認定団体がバラけていたところから一つにまとまったことで、動物看護士資格の信頼性と価値はぐっと高まっています。
また、アメリカでは動物看護士は国家資格として制定されており、日本よりも専門性の高い高度な業務を任されています。
日本もペット大国として名を馳せてきていますので、今後は動物看護士が国家資格となる可能性も十分に考えられます。
就職のこと、また将来性を考えた場合は、やはり動物看護師統一認定機構が認定する動物看護師の資格取得を目指しておくのがおすすめです。

他にも動物看護士になるために役立つ仕事として、サロントリマー検定や愛玩動物飼養管理士等が挙げられます。
動物看護士は獣医師の治療のサポートだけではなくペットの世話や扱いに長けている必要がありますので、動物の生態やしつけについての知識があると必ず役に立ちます。
また、生体販売に関わる場合には損害保険募集人資格の取得を目指しておくことで、ペット保険に関わる業務も行えるため非常に重宝されるでしょう。
いずれも動物看護士について学べる専門学校では取得のためのカリキュラムが組まれていますので、在学中に狙えるものにはチャレンジしておくと将来役に立ちます。

動物看護士の将来性

ペットの数が年々増えていることもあり、動物病院の需要も比例して上がっています。
動物病院が増えれば必然的に動物看護士の必要な数も増えていくため、動物看護士は今後も働き口が広がっていく職業と言えます。

また、資格の重要性が上がってくることも考えると、今後は就職する際にも動物看護士の資格が必須となってくる可能性があります。
実際今でも既に、就職の際は資格取得者が有利とされています。

動物看護士の取得をするためには原則として、動物看護学を学べる専門学校やスクール、大学へ通う必要があります。
資格の合格率は85%前後で難易度が低いように思えますが、学校の卒業が受験資格なので、必然的に対策されているからこその合格率と言えます。
動物看護士の資格取得を目指せる専門学校はパンフレットや学校HPで紹介しているので、しっかりと確認しておきましょう。

資格を取得し、動物病院に就職することができれば、動物看護士はその専門性と業務範囲の広さから経験値の価値が非常に高いため、仕事として安定していきます。
転職や復職も資格を持っていることでハードルが下がるため、特に女性には嬉しいポイントです。

まとめ

動物看護士になるには、資格は持っていた方が有利です。
資格を取得するには動物看護士について学べる専門学校や大学に通う必要がありますが、就職や転職、復職を含めた将来性を考えたときに、やはり取得しておくことにこしたことはありません。
将来動物看護士が国家資格化したとしても、既に免許を持っていることで何らかの免除が受けられる可能性があります。

また、動物看護士以外にもトリマーや愛玩動物飼養管理士といった動物の生態や世話に精通する資格を取得できれば、将来性はさらに高まるでしょう。
動物看護士は業務の幅が広くなりやすいため、ビジネス系の資格も持っておけば将来役に立つ機会が多いでしょう。

2016/10/14

必読!動物看護師に必要なことや覚悟について

動物看護師は、誰でも続けられるような易しい仕事ではありません。動物の命にかかわる仕事ですので、職に就くにあたっていろいろな力や覚悟が必要となります。ここでは、そんな動物看護師に必要なことやものについてご紹介していきます。

 

動物看護師は、獣医と同じく動物たちの命にかかわるお仕事です。決してその命は軽いものではありませんし、飼い主さんの期待も背負って仕事をする必要があるのです。

 

そんな動物看護師は、誰でも簡単に続けられる仕事ではありません。今回は、動物看護師になるにあたって、必要なことや覚悟について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

■動物看護師に必要なもの:自分の意見を持てること

動物看護師の主な仕事内容は獣医のサポートとなります。

 

基本的には、動物たちの治療に当たる獣医のお手伝いや手術の助手など、直接的に動物たちの生死などに繋がる仕事ではありません。

 

しかし動物看護師だからといって、動物たちの生死に全く関係がないわけではありません。

 

毎日動物たちと触れ合い、お世話をすることで、獣医以上にちょっとした変化に気がつくことができることもあります。

それによって、動物たちの状態の悪化を防ぐことができることも多々あるのです。

 

したがって、動物看護師は獣医の言う通りにすべて動けばいいというわけではありません。

 

もちろん勝手にしていいというわけではありませんが、いつでも主体性を取り、責任を持つことが必要なのです。

 

それには、いろいろな経験をしてスキルを積み上げておくことも必要ですし、自身がいつでもベストな判断を下せるように勉強することも大切になってきます。

 

ときには主体性を持って、獣医に進言できるような強さを持つことも、動物看護師には必要なことなのです。

 

■動物看護師に必要なもの:周りとの協調性

 

続いて、動物看護師として必要なこととして「周りとの協調性」についてご紹介していきたいと思います。

 

動物病院には、スタッフだけでもいろいろな人がいます。

 

特に大学病院などの大きな動物病院などは、自分が属しているところの他にも科がありますし、当然ですがそこには別の獣医や動物看護師がいます。

そういった人たちとも、きちんと協調性を持つことが必要なのです。

 

動物たちの治療の中では、何が起こるかもわかりませんので、ときには他の獣医や動物看護師と協力して治療に当たることもあります。

その際、知らない人だからという理由は通りませんし、動物たちのためにもしっかりと連携して治療に当たる必要があるのです。

 

また、後輩や先輩関係を良くしておくことも大切です。後輩がいれば教えてあげてミスを防ぐこともできますし、先輩がいれば知らないことを教えてもらうことができます。

 

普段から忙しい動物病院では、こういった協調性が良くなければスムーズに業務をこなすことが難しくなってくるのです。

 

■動物看護師に必要なもの:責任感と覚悟

 

動物関連の仕事に就きたい理由として、動物が好きだということを理由に挙げる方は多くいます。しかし、動物が好きなだけでは動物看護師を続けることはできないのです。

 

なぜならば、動物看護師は動物のいいところだけを見ることができる仕事ではないからです。ときには、動物たちの最期を看取ることもあります。

 

排泄物や、嘔吐物を定期的に片付ける必要もありますし、苦しそうな動物たちを目に何もできないという無力感を味わうこともあります。

 

こういった動物たちの命に関わっているという責任感と覚悟は、動物看護師にとって最も大切なこととなります。

いつでも動物たちのために動けるかということは、実はすごく大変なことなのです。

 

動物看護師が、自分の勝手で動物たちをないがしろにすることは、絶対にしてはいけないことでもあります。

 

また、どんなに自分につらいことがあっても、業務に差し支えないようにする覚悟も必要となります。

 

いつでも気持ちを切り替えて、動物たちと冷静に付き合うことは、難しいことですがとても大事なことです。

こういった責任感と覚悟は、動物看護師になるにあたって、必要不可欠なことでもあります。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

 

動物看護師は、だれでも続けることができる仕事ではありません。

 

動物たちの命に近い仕事ですから、いろいろなことや覚悟が必要な重要な職業なのです。ぜひ参考にしてみてください。

2016/10/14

動物看護師として活躍でできるかも?その適性とは

動物看護師は、誰でもできる仕事ではありません。肉体的にも、精神的にもハードであることが多いですし、適性がある方の方がなりやすい職業でもあります。ここではそんな動物看護師の適性についてご紹介します。

 

動物看護師は、実は体力勝負といわれるほど肉体的にハードな業務内容が多い職業となっています。

また、動物の命に関わる仕事でもあるため、精神的にも辛さを覚えることが少なくはありません。

 

したがって、動物看護師は誰でもできる職業ではなく、適性も必要となる職業でもあります。

 

そこで今回は、そんな動物看護師について、活躍できる可能性が高い適性をご紹介していきたいと思います。

 

■動物看護師に必要な適性1.十分な体力

動物看護師の業務内容は、勤める動物病院の規模にもよりますが、いろいろなことがあります。

 

例えば大型の動物が治療を嫌がったとき、その子を抑えて獣医が治療をしやすいようにすることも業務内容に含まれますし、入院中の動物たちの散歩や世話などももちろん仕事のうちです。

 

また、個人クリニックで働く場合は、動物病院内の清掃や受付業務、会計、薬剤の調剤なども受け持つことが多いですし、他にもトリミングや様々な検査をする必要も出てきます。

 

これだけ見ても、動物看護師がどれだけハードな生活を送らなければいけないのかわかってもらえるかと思います。

実際に体力勝負といわれるほど、肉体的にきつい職業なのです。したがって、こういった毎日を送るためには十分な体力が必要となります。

 

また、大きな大学病院などはシフト制がとられているところが多くあります。

 

個人クリニックは定時制であることがほとんどですが、大きな病院はその日によって出勤時間も退社時間も異なります。

この場合、夜勤の後も昼間から勤務しなければいけないこともありますし、毎日同じ時間に食事や睡眠を摂ることも難しくなってくるのです。

 

したがって、病院の大きさにかかわらず、動物病院で動物看護師として働く場合は、十分な体力があることが第1条件となります。

 

■動物看護師に必要な適性2.高いコミュニケーション能力

もちろん、体力だけあっても動物看護師として活躍することはできません。

続いては、動物看護師として活躍できるであろう適性として、高いコミュニケーション能力についてご紹介していきましょう。

 

動物病院は、一人の動物看護師のみで成り立っているわけではもちろんありません。獣医の方や、他の動物看護師、そして治療を求める飼い主さんがいて初めて動物病院が機能するのです。

 

くわえて、大きな大学病院などの動物病院では、スタッフも多くいます。

 

自分が属していない科の獣医や動物看護師もいますし、それ以外のスタッフもいます。

こういった方々といざというときに連携を強めるためにも、普段からコミュニケーションをとっておく必要があるのです。

 

もちろん、職場内のコミュニケーションのみ取ればいいわけではありません。飼い主さんとの交流も、とても大事なことです。

 

会話ができない動物の代わりに、飼い主さんから症状を聞きだすことも必要ですし、飼い主さんに治療方針や薬について説明することもしなければいけないことです。

 

したがって、動物だけでなく人との高いコミュニケーション能力も必要な適性の一つなのです。

 

■動物看護師に必要な適性3.動物が好きだということ

動物関連のお仕事に就きたい理由として、「動物が好きだから」と答える方は多くいます。

 

しかし今まで述べた通り、動物が好きなことだけでは続けていけないほど、動物看護師は精神的にも肉体的にもハードな職業です。

 

ですが、やはり動物が好きでなければ続けていけない仕事でもあります。

 

どんなに辛くても、動物たちが元気になっていく姿を見ることができることをやりがいとして頑張っている動物看護師の方はたくさんいます。

体力が十分にあって、コミュニケーション能力がどんなに高い方でも、動物が好きでなければ続けられない職業が、動物看護師なのです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師は、誰でも続けられる仕事ではありません。

適性があること、そしてなにより動物が好きであることが第1条件となってきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

2016/10/14

プロの動物看護師としてのやりがいをご紹介!

動物看護師として働くことは、苦労もたくさんあります。しかし同じくらい、やりがいを感じることもできる素敵な職業でもあるのです。ここでは、そんな動物看護師として働くことのやりがいについてご紹介します。

 

世の中には、いろいろな方がいろいろな職業についています。それらの職業の一つ一つに苦労もあり、やりがいもあるのです。その中の一つの、動物看護師も例外ではありません。

 

体力勝負でもある動物看護師という職業は、苦労の分だけやりがいもある素敵な職業なのです。

今回は、そんな動物看護師という職業について、そのやりがいをご紹介していきたいと思います。

 

 

■動物看護師のやりがい 1.相手の信頼に応えることができる

動物看護師としての職場はいろいろありますが、その中でも動物病院は、動物たちの命にふれる職場です。

 

ときには、苦しむ動物たちを目の前に、苦渋の選択を強いられることもあり、その悲しみに暮れてしまうことも動物看護師の経験として珍しいことではありません。

 

しかし反対に、動物たちが元気に回復していく姿を一番に見ることができる職業でもあります。

獣医師とも協力して、預かっている動物たちを元気にしていくことは、飼い主さんに信頼される一番のきっかけとなります。

 

その証拠として、名前を覚えてもらえたり、動物たちが自分になついてくれているところを見ることができるのは、動物看護師として感じることができる大きなやりがいでもあるのです。

 

また、動物病院だけでなく、トリミングサロンやペットホテルなどで動物看護師として働く方々も、同じようなやりがいを感じることができます。

 

例えば飼い主さんにトリミング後の動物たちの姿を喜んでもらえたり、そこから指名をしてもらえるようになることは、相手の信頼に応えたことになります。

 

ペットショップも同様に、毎回使用してもらえると、相手からの信頼を感じることができるかと思います。

 

このように、自分が動物看護師としての仕事を頑張った結果、相手の信頼に応えることができるようになることは、立派なやりがいの一つなのです。

 

■動物看護師のやりがい 2.いろな仕事に取り組める

続いて、動物看護師として働くことで感じることができるやりがいとして、仕事の種類の幅広さをご紹介していきましょう。

 

例えば動物看護師としての代表的な勤め先としては、動物病院があります。

その動物病院でも、個人クリニックか大学病院などの大病院かで業務内容も大きく変わってきます。

 

個人クリニックの場合は、動物看護師が会計や受付などの事務作業や病院内の清掃も行うことが多いです。もちろん病院の大きさにかかわらず、獣医師のサポートや、入院中の動物たちお世話、トリミングなど、業務はたくさんあります。

 

これらの業務は、一見面倒で煩わしそうに見えるかもしれません。しかし、どれも動物たちに必要な業務ばかりですし、動物看護師としていろいろな仕事に取り組むことは、後々自分の大きな武器となります。

 

また、小さな仕事でもしっかりと取り組むことは、自分自身の成長も促します。動物たちのためを思ってすることで、動物看護師としても成長できますし、やりがいも感じられます。

 

■動物看護師のやりがい 3.成長を感じることができる

 

動物看護師として働くことは、体力勝負といわれるほど大変なことが多いです。

 

例えば大きな動物が治療を嫌がったら、その子を抑えておくことも動物看護師としての仕事ですし、24時間体制の病院であれば夜勤などもあり得ます。勤務時間ぎりぎりに急患が来て、残業することもあります。

 

しかし、経験を積めば積むほどそれまではできなかったことも、できるようになっていきます。

 

例えば動物たちのちょっとした体調の違いを見抜けるようになったときなど、動物看護師としてステップアップできたことを感じることができる場は少なくはないです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師として感じることができるやりがいは、人それぞれ異なりますが、一貫して苦労した分だけ感じることができるものだと思います。

 

ぜひ動物看護師として、自分なりのやりがいを見つけてみてください。

2016/10/14

動物看護師の就職先に関する選択と実情について

動物看護師として働く場合、職場も当然動物と触れあう場所となってきます。ここでは、動物病院のほかにもペットショップなど、動物看護師が選ぶことができる職場の選択肢やその実情についてご紹介します。

 

動物看護師と聞くと、動物病院で働いている方々を思い浮かべる方も多いかと思います。

 

しかし実際は、動物病院のほかにもペットショップなどで活躍している動物看護師の方々もたくさんいるのです。

今回は、そんな動物看護師の職場について、その状況と実際の職場の種類についてご紹介していきたいと思います。

 

■動物看護師の動物病院への就職状況って?

動物看護師として就職する先は、たいていが動物病院となっています。

 

動物看護師を最も必要としている場所は動物病院ですし、ペットブームも盛んなことから、動物病院の需要も少し高まってきています。

 

近年動物病院の数は横ばいもしくは増加傾向にある一方で、動物看護師不足は深刻なものとなってきています。

 

全国で1万以上あるともいわれている動物病院ですが、その病院の形態は様々です。

 

個人クリニックのような小さな動物病院であれば、少数の動物看護師で事足りますが、大学病院のような大きな動物病院では、どうしても動物看護師の数も多く必要となってくるのです。

 

また、動物看護師は女性が多い職業でもあります。

妊娠や出産を機に退職してしまう方々も多いですし、その仕事の厳しさに逃げ出してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

せっかく動物看護師としてのスキルを積み上げても、長く続かないこともあるのです。したがって、動物看護師は年間を通して求人が多くみられる職業でもあります。

 

現在は、認定動物看護師試験が実施されるなど、専門性の強い職業になりつつある動物看護師。

 

認定動物看護師試験は専門学校や短大、大学での単位取得が義務付けられているため、今後動物看護師は資格が必要不可欠な職業となることも考えられます。

 

■動物病院以外にも?動物看護師の就職先について

一方で、動物看護師としての活躍の場は何も動物病院に限りません。

 

現在は動物病院だけでなく、ペットショップやトリミングサロン、ペットホテルなど、いろいろな施設で動物と触れ合う機会があるため、動物看護師として働く際は職場を選ぶことができる自由があります。

 

例えばペットショップやトリミングサロンなどは日本国内様々なところに点在していて、それぞれ経営方針や雇用状態も異なります。

また、動物園やドッグカフェ、動物保護施設などでの動物看護師の需要も高まってきているといえます。

 

一方で、ペットフード―のメーカーなどの企業でも、動物看護師の雇用があることもあります。

いずれにせよ、動物に関してしっかりとした専門的な知識を取得していることが求められる職場が多いのです。

 

なお、動物病院以外の職場では、動物看護師以外の資格やスキルが必要とされることもあります。

例えばトリミングサロンでは、トリミングのスキルも必要となってくるように、職場によって必要な資格や経験、スキルは異なってくるので、注意が必要となります。

 

■動物看護師としての就職先の選び方をご紹介!

 

動物看護師として活躍できる場がたくさんあることがわかったうえで、動物看護師になりたい方は、自分の一番合う就職先を選び必要があります。

 

その選び方ですが、一番はやはり「どんな動物看護師になりたいか」、そのビジョンを自分で明確にすることが必要となってきます。

 

例えば動物病院と一概に言っても、個人クリニックか大病院かで選択肢はあります。

 

個人クリニックの場合は、会計などの事務作業も必要となることが多いですし、大病院ですとその分難病を抱えた動物たちのお世話も必要となってきます。

 

それらを踏まえて、まずは自分のなりたい動物看護師のビジョンを明確にすることが、その後のためにも大切なのです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

 

動物看護師としての職場は、実はたくさんあります。

 

しかし職場ごとに、雰囲気も必要となるスキル、資格、経験なども異なってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2016/10/14

動物看護師の近道として在学中にアルバイトをしよう

動物看護師になるためには今のところは国家資格などは必要ありませんが、職につくために専門の勉強をしておいた方が就職に有利に働きます。しかし、勉強中もアルバイトとして動物看護師という職業に触れておいた方が、動物看護師となった後に有利になります。

 

動物看護師になるために、専門学校や短期大学、大学などで動物看護学などの専門的な知識を学ぼうとする方は多くいらっしゃいます。

 

しかしそれだけでなく、在学中にアルバイトとして動物看護師に触れておいたほうが、後々のためになります。

 

ここでは、そんな在学中のアルバイトの必要性についてご紹介していきたいと思います。

 

■在学中のアルバイトは、動物病院でしよう!

実は動物看護師は、国家試験の合格を必要としていないため、専門学校や短期大学、大学を卒業せずに働き始めることも可能です。

現に、高校卒業を条件にしている動物病院もあり、それだけ知識よりも実務経験が優先される職業です。

 

もちろん専門的な知識があったほうが就職に有利ではありますが、加えて実地経験があるとさらにキャリアアップにつながります。

したがって、学習の傍ら、実地経験もふめる動物病院でのアルバイトが動物看護師への一番の近道なのです。

 

実際に動物看護師としてアルバイトを探す方法としては、インターネットの求人広告や、いろいろな動物病院のホームページにて詳しく載っています。

給料や雇用形態などは場所によって様々なので、それらをしっかり確かめてから応募しましょう。

 

また、在学中のアルバイトとしては、動物病院で実際に助手として働くことをお勧めします。

 

動物病院の求人は、経験不問であることも多いので、勉強しながら実地経験もふみたい方には最適なアルバイト場所です。

そこでしっかりと動物病院の仕事内容や手順を覚えておくことは、後々必ず武器になります。

 

実際に、動物病院では動物看護師としてアルバイトで働いている方は多くいらっしゃいます。

ご家庭をお持ちの方などは、週に何日かでシフト制で働いている方もいらっしゃいますし、未経験の学生もたくさんいます。

 

給料は基本的に時給制で、都市圏では800円~1,000円ほどのところが多くみられます。

 

動物病院では、動物看護師としての業務がたくさんあることも魅力の一つです。

 

例えば個人クリニックであれば、会計業務や受付、入院中の動物たちのお世話など、種々様々な仕事を経験することができます。

 

他にも、獣医のサポートや治療に使う器具の準備など、慣れないうちは戸惑うことも多くありますが、こういった実地経験は実際に動物看護師として働くようになると必ず武器になることばかりなのです。

 

■アルバイト先を探すうえでの注意点をご紹介!

続いて、在学中のアルバイト先を探すうえでの注意点をご紹介していきましょう。

 

動物病院と一概に言っても、勤めている人も雰囲気も違います。また、病院によっては忙しさも異なるため、中には残業を強いられることもあります。

 

獣医も動物看護師も、体力勝負、激務であることが多いです。

ときには人と同じように急患が運ばれてくることもありますし、勤務時間ぎりぎりまで患者のお世話をしなければいけないこともあります。

 

その際、どうしても残業が必要となってしまうことが多いのです。

 

良い動物病院は、残業代がしっかりとつきますが、そうではない動物病院もたくさんあります。くわえて、各種保険も備わっているかどうかも、動物病院にとって様々です。

 

したがって、アルバイト先としての動物病院を探す場合は、その経営方針や保険、給与の形態などをしっかり確認してからエントリーするようにしましょう。すぐにやめてしまうことは、双方にメリットがありません。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師として働くうえで、在学中のアルバイトは立派な財産となります。

在学している数年間の中で、ぜひ知識と実地経験の両方を手に入れてみてください。

2016/10/14

実際の動物看護師の仕事内容や生活をご紹介!

動物看護師は、獣医のサポートのほか、入院している動物たちのお世話や看病など、業務内容は多岐にわたります。そこでここでは、そんな動物看護師として働いている方々の実際の仕事内容や生活などをご紹介していきたいと思います。

 

獣医さんのサポートなど、1日の中でいろいろな仕事がある動物看護師。

 

例えば治療を嫌がる動物たちを抑えたりするなど、その業務は体力勝負であるといっても過言ではありません。

 

そこで今回は、そんな動物看護師の皆さんが実際にどのような仕事をしているのか、その内容と送っている生活などをご紹介していきたいと思います。

 

■働き方の違いは病院にあり!

人間を診る医師や看護師と、動物たちを診る獣医や動物看護師は相反しているところもありますし、共通しているところもあります。

 

例えば看護師は国家試験の合格が必要となりますが、動物看護師は今のところ国家試験の受験は必要としていません。

 

他にも違う点は多々ありますが、共通点としてはその忙しさの規模にあります。

 

例えば動物看護師として働いている方々の中でも、個人クリニックで働いているか大きな病院で働いているかでは、生活リズムも異なっていきます。

 

個人クリニックでは定時制も可能となりますが、大きな病院ではシフト制の勤務も多くありますので、そういった点で違いが出てくるのです。

 

・大病院と個人クリニック、そのメリット・デメリットとは?

また、基本的な動物看護師の仕事内容も、個人クリニックか大きな病院での勤務かで多少異なります。

 

個人クリニックですと、人員も少ない場合が多いので、受付業務なども動物看護師が担当することが多くみられますが、大きな病院ですとそういったこともあまりないようです。

 

加えて、会計業務や、病院内の清掃・消毒なども動物看護師が担当することがほとんどです。しかし、大学病院などでは、そういったこともあまりみられません。

 

一方で、大きな大学病院などで働く動物看護師の皆さんは、その分苦労もあります。

 

個人クリニックと違って、いろいろな動物が運ばれてくる大病院では、その都度動物看護師のサポートが必要となります。

また、検査やレントゲン撮影なども、自らが行う必要が出てくるのです。

 

なお、大病院に勤務することはメリットも多々あります。その中でも、待遇の良さは、個人クリニックよりも優れていることがほとんどです。

 

シフト制が整えられているところも多いですし、福利厚生もしっかりと整っている病院も多くあります。

 

したがって、動物看護師としての勤め先を考える場合は、そういったことにも気を付けて選ぶ必要があるのです。

 

■動物看護師の一日を実際にご紹介!

それでは実際に、動物看護師として働いている方々の1日の生活リズムをご紹介していきましょう。

 

・個人クリニックで働く動物看護師の1日

まずは、動物看護師として個人クリニックで働く方々の1日の例です。

 

8:00~8:30

出勤後、準備

8:30~12:30

受付業務や問い合わせへの対応

12:30~

昼休憩

15:00~19:00

午後の診療のサポート

20:00

帰宅(残業がない場合)

 

個人クリニックで動物看護師として働いている方々の場合、午前中の業務内容は主に受付や会計など、事務仕事をする必要があることが多いです。

 

また、飼い主さんからいろいろな問い合わせの電話やメールなども随時チェックする必要もありますし、カルテを揃えたり、薬を処方する必要もあります。

 

・大きな病院で働く動物看護師の1日

続いては、大きな大学病院などで働く動物看護師の方々の1日の例を見ていきましょう。

 

14:30~15:00

出勤後、準備。引継ぎなども

15:00~19:00

入院患者のケアや補助など

19:00~20:00

休憩

20:00~23:00

手術の補助など。引継ぎ後帰宅

 

大学病院などで働く方々は、シフト制が割り振られていることが多いため、夜の勤務もありますし、朝からの勤務もあり得ます。

 

また、検査や獣医の補助に費やす時間も多くありますが、入院患者へのケアも必要となります。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師として働く場合は、勤務先によって待遇や給与、生活リズムも異なっていくので、じっくりと検討する必要があります。

 

もちろんそれだけでなく、動物病院の雰囲気なども大事になっていきますので、就職したいと思う病院にはぜひ訪問してみてくださいね。

2016/10/14

大学?専門学校?動物看護師に向いている方とは?

動物看護師は、医師や看護師と違って、国家試験を必要としない職業です。しかし動物看護師として就職する際に有利となる資格や能力はもちろんあります。ここでは、そんな動物看護師に必要なものについてご紹介していきたいと思います。

 

動物看護師は、人間を診療する医師や看護師とは違って、就職するための国家試験はありません。

しかし誰でも簡単に続けられるものではありませんし、就職に有利となる資格や試験、能力などは種々様々にあります。

 

今回は、そんな動物看護師として就職する際に有利に働くいろいろなものについてご紹介していきたいと思います。

 

動物看護師になるためには、国家資格などは基本的に必要がないため、専門学校へ行った方が良いのか、大学へ行った方が良いのか迷っている方は少なくはないかと思います。ここでは、動物看護師になるための学校についてご紹介していきたいと思います。

 

なりたい職業につくためには、その前段階として学校で専門的な知識を学ぶ必要があることがほとんどです。

 

動物看護師も例外ではなく、職業につく前にまずはその業務や動物のこと、もしくは現場の雰囲気を知る必要があります。

 

そこで今回は、動物看護師になるために入るべき学校について、そのメリット・デメリットとともにご紹介していきたいと思います。

 

■就職に有利な大学はあるのでしょうか

動物看護師になるために、専門学校や短期大学、大学で専門的な知識を学ぶ方は多くいらっしゃいます。

専門学校ならば2年間、大学なら4年間と、動物看護学をみっちりと学んでから1人前の動物看護師として活躍して行くことが多いのです。

 

また、動物看護学を学ぶことができる学校は様々あります。

 

その大学によってカリキュラムが組まれているので、大学、学部ごとに取得できる資格は異なります。

現在、動物看護師になるためには国家試験などは必要ないため、全員が決まった試験を受けて動物看護師になれるわけではありません。

 

そういった面で、就職に有利な大学というのはあまり見受けられません。

大学というよりは、例えば大学の学部でしたら動物病院への就職に有利なところはあります。

 

以前は農学系の学部出身者も動物病院に多く採用されていましたが、今は獣医学系統の、獣医看護学科出身の方が多く採用されているようです。

 

一方で、大学を出ることで、動物看護師として一般企業に就職するという道もできます。大学を出ることで、そういったメリットもあるのです。

 

■動物看護師になるために専門学校へ入るデメリットとは?

動物看護師として働くために、専門学校でまずは学ぶことを選ぶ方も少なくはありません。しかし、そんな専門学校へ通うことのデメリットをご紹介していきましょう。

 

先ほどご紹介した通り、大学出身ですと一般企業への就職も考えられます。

そういったカリキュラムも組まれていますし、大学を出ることで就職の応用性も効きます。

 

しかし専門学校では、そういった機会がなく、獣医看護師としての道が狭まってしまうことが一つ目のデメリットです。

 

また、二つ目のデメリットとして、その費用の高額さがあげられます。

 

動物看護師になるために展開している専門学校は多くは2年制となっています。

そしてその2年間の費用は、およそ200万円にもなっているのです。

 

また、専門学校にはいることで、どうしても時間的な拘束が生じていきます。

 

例えば動物看護師になるための勉強手段として、通信学習などもあります。

通信学習と比べて専門学校での学習は、決まった時間に学校へ行って、学ばなければいけないといった不自由がありますので、働きながら専門学校へ通う場合などは大変かと思います。

 

■動物看護師になるために専門学校へ入るメリットとは?

動物看護師になるために専門学校へ入ることにはメリットもあります。

 

例えば、専門学校に2年間入ることで、動物看護師になるための知識が十分に勉強できます。

 

動物看護師になるために、今のところ国家試験は行われていませんが、今後はどうなるかわかりません。

したがって、前段階としてしっかりと勉強しておくことは、後々の大きな強みとなります。

 

一方で、通信教育などと比べて学びやすいことも魅力の一つです。

毎日授業を受けることで、知識が積み重ねられていきますし、実習も経験できます。

 

実際に、2011年に動物看護師統一認定機構が発足し、翌年2012年には認定動物看護師試験が実施されるなど、動物看護師の評価を高めるために専門性を求める動きは高まってきています。

 

そういったことが今後さらに大きくなっていくことは予測されていますので、しっかりと専門的な知識を学ぶ必要があるのです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

 

動物看護師になるために、専門学校で学ぶことはお勧めの手段です。

 

2年間しっかりと勉強することで、今後の動物看護師としてのキャリアや活躍も期待できますし、なにより周りからの信用も勝ち取ることができます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

動物看護師として就職する際に有利になる資格はあるの?

動物看護師には、先ほどもご紹介した通り、国家試験などは存在しませんが、就職に有利に働く試験などは存在します。それが、「認定動物看護師試験」です。

 

これは、2012年に実施された試験で、2015年3月末までは新しい試験への移行期間となっていました。

 

この試験を実施したのは、2011年に発足された「動物看護師統一認定機構」です。それ以前は、民間の資格としての動物看護師の試験はいろいろなものがありました。

 

しかし、それらに統一性はなく、試験で求められる知識や学識はそれぞれ異なっていたのです。そういった反省を踏まえて、発足されたのが「動物看護師統一認定機構」です。

 

これによって、今までバラバラだった試験は統一され、より動物看護師の専門性を強め、資格としての価値を向上させるために、動物看護師に関する試験は一本化されることとなりました。

 

また、認定動物看護師試験には、2015年から新たな受験資格も設けられています。

認定動物看護師になるためには、大学や専門学校などの動物看護師認定機構が指定する学校などで勉強し、単位を取得することが必須となっています。

 

ちなみに平成26年現在、試験は2月試験がマークシート方式、3月試験がCBT試験となっています。

合格率を見てみると、2012年、2013年ともに60~80パーセントと、なかなか高い数値となっているのも特徴の一つです。

 

動物看護師として働くために、今のところ、認定動物看護師試験は必要な不可欠なものではありません。

 

しかし今後、国家試験として機能することも考えられることですし、動物看護師として就職するためには有利になることもあるかもしれません。

 

■動物看護師になるために有利になる能力とは?

動物看護師として働くためには、試験も今後大切となっていきそうですが、一方で能力面も大切なことです。

 

動物看護師は、入院中の動物たちの毎日のお世話や看病だけでなく、動物病院内の清掃や器具の準備など、いろいろな業務を任されることも多くあります。24時間体制の動物病院もありますし、実際に体力勝負である職業なのです。

 

そんな動物看護師として働くために有利となる能力として、例えば冷静に物事に立ち向かえることや、判断力に優れていることがあります。

 

動物看護師として働くということは、ときには動物たちの最期も看取ることもあり得ます。苦しんでいる動物たちに、冷静な判断を下さなければいけない時もあるのです。

 

そうなったときに、パニックにならず、冷静に判断できることは大切な能力です。

 

しかし、冷静にはなっても冷たい人間になる必要はありません。

 

基本的には、動物看護師は飼い主さんや苦しんでいる動物たちを慮り、喜んでもらうためにできることを探す職業です。

したがって、根本的な心が優しくなければ、飼い主さんにも動物たちにも心を寄せられないため、優しさは必要不可欠な条件となります。

 

また、動物看護師は一人で機能する職業ではありません。

他の動物看護師の方々や、獣医の方など、いろいろな方々とのチームワークが求められる職業でもあるのです。

 

したがって、細やかな心配りができたり、協調性がある方は、動物看護師として活躍できるかと思います。

 

動物看護師になるためには、国家資格などは基本的に必要がないため、専門学校へ行った方が良いのか、大学へ行った方が良いのか迷っている方は少なくはないかと思います。ここでは、動物看護師になるための学校についてご紹介していきたいと思います。

 

なりたい職業につくためには、その前段階として学校で専門的な知識を学ぶ必要があることがほとんどです。

 

動物看護師も例外ではなく、職業につく前にまずはその業務や動物のこと、もしくは現場の雰囲気を知る必要があります。

 

そこで今回は、動物看護師になるために入るべき学校について、そのメリット・デメリットとともにご紹介していきたいと思います。

 

■就職に有利な大学はあるのでしょうか

動物看護師になるために、専門学校や短期大学、大学で専門的な知識を学ぶ方は多くいらっしゃいます。

専門学校ならば2年間、大学なら4年間と、動物看護学をみっちりと学んでから1人前の動物看護師として活躍して行くことが多いのです。

 

また、動物看護学を学ぶことができる学校は様々あります。

 

その大学によってカリキュラムが組まれているので、大学、学部ごとに取得できる資格は異なります。

現在、動物看護師になるためには国家試験などは必要ないため、全員が決まった試験を受けて動物看護師になれるわけではありません。

 

そういった面で、就職に有利な大学というのはあまり見受けられません。

大学というよりは、例えば大学の学部でしたら動物病院への就職に有利なところはあります。

 

以前は農学系の学部出身者も動物病院に多く採用されていましたが、今は獣医学系統の、獣医看護学科出身の方が多く採用されているようです。

 

一方で、大学を出ることで、動物看護師として一般企業に就職するという道もできます。大学を出ることで、そういったメリットもあるのです。

 

■動物看護師になるために専門学校へ入るデメリットとは?

動物看護師として働くために、専門学校でまずは学ぶことを選ぶ方も少なくはありません。しかし、そんな専門学校へ通うことのデメリットをご紹介していきましょう。

 

先ほどご紹介した通り、大学出身ですと一般企業への就職も考えられます。

そういったカリキュラムも組まれていますし、大学を出ることで就職の応用性も効きます。

 

しかし専門学校では、そういった機会がなく、獣医看護師としての道が狭まってしまうことが一つ目のデメリットです。

 

また、二つ目のデメリットとして、その費用の高額さがあげられます。

 

動物看護師になるために展開している専門学校は多くは2年制となっています。

そしてその2年間の費用は、およそ200万円にもなっているのです。

 

また、専門学校にはいることで、どうしても時間的な拘束が生じていきます。

 

例えば動物看護師になるための勉強手段として、通信学習などもあります。

通信学習と比べて専門学校での学習は、決まった時間に学校へ行って、学ばなければいけないといった不自由がありますので、働きながら専門学校へ通う場合などは大変かと思います。

 

■動物看護師になるために専門学校へ入るメリットとは?

動物看護師になるために専門学校へ入ることにはメリットもあります。

 

例えば、専門学校に2年間入ることで、動物看護師になるための知識が十分に勉強できます。

 

動物看護師になるために、今のところ国家試験は行われていませんが、今後はどうなるかわかりません。

したがって、前段階としてしっかりと勉強しておくことは、後々の大きな強みとなります。

 

一方で、通信教育などと比べて学びやすいことも魅力の一つです。

毎日授業を受けることで、知識が積み重ねられていきますし、実習も経験できます。

 

実際に、2011年に動物看護師統一認定機構が発足し、翌年2012年には認定動物看護師試験が実施されるなど、動物看護師の評価を高めるために専門性を求める動きは高まってきています。

 

そういったことが今後さらに大きくなっていくことは予測されていますので、しっかりと専門的な知識を学ぶ必要があるのです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

 

動物看護師になるために、専門学校で学ぶことはお勧めの手段です。

 

2年間しっかりと勉強することで、今後の動物看護師としてのキャリアや活躍も期待できますし、なにより周りからの信用も勝ち取ることができます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師になるためには、今のところは絶対に必要な資格や免許はありません。

 

しかし今後はどうなるかわかりませんし、認定動物看護師試験も需要が高まっていくことも予想されています。

 

また、そういった試験だけでなく、能力面も重要視される職業でもあります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

1 / 212