学校法人 中村学園 専門学校 ちば愛犬動物フラワー学園学校法人 中村学園 専門学校 ちば愛犬動物フラワー学園

トリマー/ペットスタイリスト

  • HOME
  • コラム
  • トリマー/ペットスタイリスト

2017/10/2

先輩インタビュー!トリマーとして働く先輩に話を聞いてみた。

仕事の内容や収入面の話、やりがいや魅力など、トリマーの仕事について調べ始めると様々な情報が得られるものと思います。
ただ、文章でそういったものを読んで、それはそういうものだと分かった上で、実際働いてみるとどうなんだろう?と生の声が気になるのは当然ですよね。

やっぱりやってみないと分からないことは多いですし、現場を経験して初めて分かる苦労や大変なこと、逆に楽しいことや充実したことなどもあるはずです。
そうした体験談は、やっぱり現役のトリマーに聞くしかありません。
現場のことは、現場の人が一番良く分かっているのです。
というわけでこのページでは、実際にトリマーとして現役で働いている方へ、インタビュー方式で様々な質問をぶつけてみた内容をご紹介します。

都内のペットサロンで働くY・Kさん

Q:ペットサロンで働いている、率直な感想を教えてください。
A:率直な感想……なかなか難しいですね。
うちのサロンは少人数なので、スタッフもお客さんもみんなフランクに接しながらカットしています。
もちろん初めのころは緊張しっぱなしでしたけど、お客さんも動物が好きで私も動物が好きで、話題が合う分打ち解けやすくて、お互いに自然体で接することができていると思います。
お客さんには要望とまではいかなくても好みが必ずあって、そしてそれは必ずしも形になっているわけではないんですよね。
でもその好みをこっちがプロとして引き出して形にしなきゃいけない。そういった時にはやっぱり自然体で話せるのが大きいなって感じます。
仕事もしやすいですし、トリマーとして働いているなって実感もあって、楽しいです。

Q:大変なことも結構あるのでは?
A:ありますね。もちろん単純に予約がたくさんで決められた時間でクオリティ保ったまま捌かなきゃならないときも大変ですけど、そういう時に大型犬のお客さんがいらっしゃったりして。
私も一応女なので、大型犬には結構力負けするときもあります。
専門学校でしつけとかも勉強しましたけど、やっぱり知ってれば出来るというものでもないですからね。生傷も絶えません(笑)。
今では慣れたものですけどね。

Q:働き始めたときはどんな感じでしたか?
A:うちのサロンは少人数なこともあって、割と初めからカットもシャンプーもやらせてもらえました。
こう見えて真面目な学生だったので、そこそこ自信あったんですけど、やっぱり初めは怒られてばかりでしたね。
そもそもお客さんの名前を覚えるのとか予約管理とか掃除とかトリミング以外の覚えることも山ほどあったんですけどね。
そんな感じでも実際に犬に触れる仕事をさせてもらえたのは、今となってはかなりお得だったなぁと感じてます。
トリマーが多いところでは新人のうちは雑用ばかりという話も聞きますからね。
まぁ今では逆にトリマーがもっと欲しいですけど……人手が足りないなぁと思うことも結構あります(笑)。

Q:これからトリマーを目指す人へコメントをお願いします。
A:個人的には、就職するとき大手より少人数の方がいいと思います。
収入面での差は意外とないですし、結局初めのうちは雑務で多忙になるなら実際のカットとかシャンプーを任せてもらえる分お得かなって。
ただその分即戦力である必要があるので、専門学校に行くならどれだけトリミング技術を磨けるかが勝負だと思います。
あと資格もあった方がいいです。私は就活の面接とかでも結構資格については聞かれたりします。
あと、せっかく専門学校に通うなら人脈は広げておいた方がいいかもしれません。
単純にトリマー仲間が増えるのもありますし、働き始めると全然出会いがなかったりするので……(笑)

首都圏のペットショップで働くS・Tさん

Q:ペットショップで働いている、率直な感想を教えてください。
A:大変です(笑)。
まだ働き始めて3年くらいですけど、やることが本当に多いなって思います。
生体販売が仕事なので当たり前と言えば当たり前なんですけど。何十匹もペット飼ってるのと同じですしね。

Q:何故ペットショップで働こうと思ったのですか?
A:動物が好きだからです。
最初は動物園の飼育員とか、普通にペットサロンとかも考えてたんですけど、子どものころからペットショップっているだけでわくわくする場所だったんですよね。
色んな動物がいて、それを世話する道具が並んでいて、世話する人たちがいて、家族でデパートとか行ったら、自分だけペットショップにずっといる、とかザラでした(笑)。
憧れ、というとまた違うんですけど、自分がわくわくしたペットショップをこれからも作れたらいいな、みたいな。

Q:今、わくわくしていますか?
A:正直仕事となると純粋にわくわくってわけにもいかないですけどね。
でも大変ながらやりがいはあるなって感じています。
トリマーとしてもそうですけど、お客さんに動物の紹介したり、おもちゃの説明したり、全部が動物に関わってるっていうのはこの職場だからかなって。
元々動物に関わる仕事なら、と思っていたので、トリマーにこだわりがなかった分、案外自分にぴったりだったのかもしれません。
あ、ペットショップのトリマーみんながこんな感じになるわけじゃないですよ。
もちろん人手が足りなければ何でもやりますけど、トリミングはトリマーしか出来ないので。

Q:これからトリマーを目指す人へコメントをお願いします。
A:動物が好きならオススメします。
でも動物を飼ったことがないと厳しいかもですね。掃除とか臭いとかやっぱり結構大変だし、ひっかかれるし、なつかないと可愛くないし(笑)。
早番とかもあるので生活リズムも結構崩れるかも。慣れればなんてことないですけどね。
本気で動物が好きな人以外は来ないでください。
アルバイトの子とか、入れ替わりは激しいです。
手が荒れるのとか、仕方ないって分かってる人なら、動物相手の仕事も務まると思いますよ。

まとめ

どちらも専門学校を卒業し、それぞれの職場へ就職した方への体験談インタビューでした。
実際に働いてみないと実情はわかりませんが、参考になったでしょうか。
それぞれ大変なことはあれど、動物が好きで今の仕事も好きだということが伝わってきました。
これからトリマーを目指すあなたも、やりがいのある仕事を見つけられるよう、出会えるように祈っています。

 

ちば愛犬でトリマーを目指したい方はコチラ

トリマーの授業を体験したい方はコチラ