お仕事の裏側や業界話などご紹介!

コラム お仕事の裏側や業界話などご紹介!

お仕事の裏側や業界話などご紹介!

プロの動物看護師としてのやりがいをご紹介!

動物看護師として働くことは、苦労もたくさんあります。しかし同じくらい、やりがいを感じることもできる素敵な職業でもあるのです。ここでは、そんな動物看護師として働くことのやりがいについてご紹介します。

 

世の中には、いろいろな方がいろいろな職業についています。それらの職業の一つ一つに苦労もあり、やりがいもあるのです。その中の一つの、動物看護師も例外ではありません。

 

体力勝負でもある動物看護師という職業は、苦労の分だけやりがいもある素敵な職業なのです。

今回は、そんな動物看護師という職業について、そのやりがいをご紹介していきたいと思います。

 

 

■動物看護師のやりがい 1.相手の信頼に応えることができる

動物看護師としての職場はいろいろありますが、その中でも動物病院は、動物たちの命にふれる職場です。

 

ときには、苦しむ動物たちを目の前に、苦渋の選択を強いられることもあり、その悲しみに暮れてしまうことも動物看護師の経験として珍しいことではありません。

 

しかし反対に、動物たちが元気に回復していく姿を一番に見ることができる職業でもあります。

獣医師とも協力して、預かっている動物たちを元気にしていくことは、飼い主さんに信頼される一番のきっかけとなります。

 

その証拠として、名前を覚えてもらえたり、動物たちが自分になついてくれているところを見ることができるのは、動物看護師として感じることができる大きなやりがいでもあるのです。

 

また、動物病院だけでなく、トリミングサロンやペットホテルなどで動物看護師として働く方々も、同じようなやりがいを感じることができます。

 

例えば飼い主さんにトリミング後の動物たちの姿を喜んでもらえたり、そこから指名をしてもらえるようになることは、相手の信頼に応えたことになります。

 

ペットショップも同様に、毎回使用してもらえると、相手からの信頼を感じることができるかと思います。

 

このように、自分が動物看護師としての仕事を頑張った結果、相手の信頼に応えることができるようになることは、立派なやりがいの一つなのです。

 

■動物看護師のやりがい 2.いろな仕事に取り組める

続いて、動物看護師として働くことで感じることができるやりがいとして、仕事の種類の幅広さをご紹介していきましょう。

 

例えば動物看護師としての代表的な勤め先としては、動物病院があります。

その動物病院でも、個人クリニックか大学病院などの大病院かで業務内容も大きく変わってきます。

 

個人クリニックの場合は、動物看護師が会計や受付などの事務作業や病院内の清掃も行うことが多いです。もちろん病院の大きさにかかわらず、獣医師のサポートや、入院中の動物たちお世話、トリミングなど、業務はたくさんあります。

 

これらの業務は、一見面倒で煩わしそうに見えるかもしれません。しかし、どれも動物たちに必要な業務ばかりですし、動物看護師としていろいろな仕事に取り組むことは、後々自分の大きな武器となります。

 

また、小さな仕事でもしっかりと取り組むことは、自分自身の成長も促します。動物たちのためを思ってすることで、動物看護師としても成長できますし、やりがいも感じられます。

 

■動物看護師のやりがい 3.成長を感じることができる

 

動物看護師として働くことは、体力勝負といわれるほど大変なことが多いです。

 

例えば大きな動物が治療を嫌がったら、その子を抑えておくことも動物看護師としての仕事ですし、24時間体制の病院であれば夜勤などもあり得ます。勤務時間ぎりぎりに急患が来て、残業することもあります。

 

しかし、経験を積めば積むほどそれまではできなかったことも、できるようになっていきます。

 

例えば動物たちのちょっとした体調の違いを見抜けるようになったときなど、動物看護師としてステップアップできたことを感じることができる場は少なくはないです。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師として感じることができるやりがいは、人それぞれ異なりますが、一貫して苦労した分だけ感じることができるものだと思います。

 

ぜひ動物看護師として、自分なりのやりがいを見つけてみてください。

 

ちば愛犬で動物看護師を目指したい方はコチラ

動物看護師の授業を体験したい方はコチラ

check check

興味を持ったなら

オープンキャンパス

参加してみよう!

ちば愛犬をもっと知ろう