お仕事の裏側や業界話などご紹介!

コラム お仕事の裏側や業界話などご紹介!

お仕事の裏側や業界話などご紹介!

動物看護師って?そのやりがいや仕事内容をご紹介

獣医師をサポートするという、動物病院ではなくてはならない職業に動物看護師というものがあります。今回は、そんな動物看護師について、その業務内容や実際に感じることができるやりがいなどを中心にご紹介していきたいと思います。

 

動物看護師という職業をご存知ですか?

 

大きな動物病院へいったことがある方ならば一度はあったことがあるかと思いますが、動物病院に欠かせない重要な役割の担っている方々が、動物看護師です。

 

ここでは、そんな動物看護師について、その業務内容や実際に感じることができる仕事のやりがいなどをご紹介していきたいと思います。

 

■動物看護師の業務内容を一挙ご紹介!

動物病院には、必ず獣医さんがいます。

その獣医さんをサポートしている、影の大役者が動物看護師です。

 

たとえば私たちがいつもかかっている病院では、お医者さんだけでなく看護師さんや専門のスタッフのみなさんが支えあって働いていますよね。

それと同じく、動物病院で獣医さんを支えている職業のことを、動物看護師と呼ぶのです。

 

獣医看護師の主な業務内容は、治療を嫌がる動物たちを抑えたり、獣医さんが治療に専念できるようなお手伝いをすることです。

加えて、治療に使う器具や、使った器具を片付けることも動物看護師の立派なお仕事です。

 

また、個人クリニックでは動物看護師が会計や受付業務なども執り行うこともあります。

 

少人数でまわしている動物病院は、そういったシステムが採用されているところが多く、午前中はほとんど雑務に追われる動物看護師も珍しくはありません。

大学病院などの大きな病院ではそういったことはあまりありませんが、入院中の動物たちのお世話やトリミング、散歩などは共通している動物看護師の仕事となります。

 

■動物看護師、その平均年収とは?

動物看護師として現在働いている方々を見ても、すべての方が高収入を得ているわけではありません。

 

具体的な平均年収を見ても、300万~350万円が相場となっています。

 

長時間勤務する必要がある職業であるため、24時間体制の動物病院などは夜勤手当がつく場合もあります。

基本的には、職場の待遇などに左右される職業でもあるのです。

 

■動物看護師、そのやりがいって?

長時間働く必要がある職業ながら、その年収は決して高額だとはいえない動物看護師。

しかし、そんな動物看護師には給料以上のやりがいがあるようです。

 

たとえば、動物病院へ治療目的で来ている動物たちや飼い主さんたちは、決して穏やかな気持ちではないと思います。

不安もあるでしょうし、動物たちは不調の上に慣れない場所に連れてこられて、ストレスもたまります。

 

しかし動物が治療後に元気になると、動物のイキイキした顔だけでなく、飼い主さんの嬉しそうな顔も一緒に見ることができます。

この嬉しそうな笑顔を見て、「ありがとう!」と言われることにやりがいを感じると方が多いようです。

 

また、動物看護師としてキャリアを積んでいくと、今まではわからなかった動物たちの小さな変化に気づけることもあります。

 

この小さな発見が、動物たちの病状の悪化を防ぐこともあるのです。

 

そういったとき、自分の成長に気づくことができることはひとつのやりがいに思えるのではないでしょうか。

 

動物病院で基本的に治療を行うのは、獣医さんです。

しかし治療のアシストに入る動物看護師を気に入ってくれて、名前を覚えてくれたり、お得意さんになってくれる飼い主さんもいます。

 

そういった飼い主さんと仲良くなれることも、動物看護師のやりがいの一つといえます。

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

動物看護師は決して簡単な業務ではありません。

体力勝負でもありますし、時にはもう辞めたいと思ったことがあるという声も多くあります。

 

しかし、大変なこと以上にやりがいがあります。ぜひ参考にしてみてください。

check check

興味を持ったなら

オープンキャンパス

参加してみよう!

ちば愛犬をもっと知ろう