奨学金

奨学金

日本学生支援機構
奨学金制度

意欲と能力のある学生が、自らの意志と責任において大学・専門学校で学ぶことができるよう、国の重要な教育事業として実施されています。経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の給付・貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生が安心して学べるようサポートする制度です。

給付奨学金

優秀な学生で経済的に修学困難な学生の進学を後押しするため、返済義務のない奨学金を交付するものです。給付奨学金の交付を受ける奨学生は、給付奨学生としての自覚を持って学業に精励しなければなりません。

対 象

  • ・大学・短大・専門学校に進学する高校3年生(卒業後2年以内の人を含む)
  • ・高等専門学校4年生に進級する高等専門学校3年生
  • ・高等学校卒業程度認定試験合格者で合格後2年以内の人、または出願者

申し込み方法

高等学校にて申請
在籍する高等学校等(又は出身校)に、申し込み期限を確認してください。

給付方法

進学後、原則として毎月1回、本人名義の口座に振込

給付月額

  • ①月額

    自宅通学 自宅外通学
    3万円 4万円
    • ・申請される方は、入学願書提出時に、「ひとり暮らし応援制度」の希望するに必ずチェックを入れてください。
    • ・支給時には、賃貸契約書のコピーが必要となりますので、大切に保管しておいてください。
    • ・特待生制度およびその他学費サポートとの併用も可能です。
  • ②一時金

    社会的養護を必要とする人は、一時金として入学時に別途24万円の交付を受けることができます。(一時金は、振込開始月に上乗せして振り込まれます。進学前には振り込まれません)

他の奨学金との併用(いずれも可能)

  • ・第一種奨学金(無利子)・第二種奨学金(有利子)
  • ・入学時特別増額貸与奨学金

貸与奨学金

貸与奨学金は、返済の義務があります。また、生徒・学生本人が申し込みを行い、本人が貸与を受けます。全額を定められた分割方法により必ず返還しなければなりません。申し込みに関しては、保護者や連帯保証人の自署捺印が必要となる種類があります。申込内容や返済義務の理解、連帯保証人・保証人の承諾をしっかりと得てからお申し込みください。少しでも進学の希望があり、経済的な不安がある場合は、予約採用の申し込みをしてください。奨学金の貸与が始まるのは入学後です。入学前の振込はありませんので、入学前に納入のための資金が必要な場合は、日本政策金融公庫等の教育貸与制度等をご利用ください。

第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額 自宅通学 自宅外通学 2万円・3万円・4万円・5万円・6万円・7万円・
8万円・9万円・10万円・11万円・12万円から自由選択
2万円・3万円・4万円・
最高月額53,000円から選択
2万円・3万円・4万円・5万円・
最高月額60,000円から選択
貸与期間 2年間 2年間
利率 無利子 年利3%の範囲内

上記奨学金の初回振込時に、10・20・30・40・50万円から選択した額を増額して貸与する制度「入学時特別増額貸与奨学金(利息付)」もあります。申し込むには提出書類が必要となります。
※高校での予約採用での基準とは異なりますので、予約採用の基準は在学する高等学校等にお問い合わせください。

年収・所得の上限額の目安(単位:万円)
世帯人数 通学形態 第一種奨学金 第二種奨学金 第一種・第二種併用
給与所得 給与所得以外 給与所得 給与所得以外 給与所得 給与所得以外
4人 自宅 779 371 1,122 714 717 328
自宅外 824 416 1,167 759 781 373
5人 自宅 988 580 1,366 958 950 542
自宅外 1,078 670 1,456 1,048 1,040 632

(2019年1月現在)

  • ・申込時に「収入に関する証明書類」の提出が必要になる奨学金種類があります。
  • ・学力、家計基準等に従い選考があります。申し込んだら必ず採用されるわけではありません。

在学採用

概要 進学後に、各学校にて募集を行い推薦、採用を行う採用種別。
申込先 進学した学校(専門学校等)へ申し込みます。
申込時期 各学校で申込期限が設定されています。進学後の学校に確認してください。
申込から採用までの流れ (4月中旬)進学先の学校(専門学校等)から申込書の受領

(5月中旬)決められた期日までに、進学先の学校へ申し込み手続きをする。

(5月下旬)学校が申込基準を満たす方を日本学生支援機構に推薦する。
※申込基準及び収入・所得の目安等は表をご覧ください

(6月上旬)推薦された方を日本学生支援機構が選考する

(6月中旬)奨学生として採用決定し、奨学金の振込が開始されます。

(6月下旬)提出書類説明会(返還誓約書など)
申込にあたって 進級後の学費に少しでも不安がある場合は、奨学金の申し込みをして、
奨学生として採用されたら当年度や次年度の学費に充ててください。

予約採用

概要 進学を希望する方を対象に、進学前に経済的な面での安心の提供を行うための進学前予約採用。
申込先 在学する学校(高等学校等)へ申し込みます。
申込から採用までの流れ 在学する学校(高等学校等)から申込書の受領

決められた期日までに、在学する学校(高等学校等)へ申し込み手続きをする。

学校(高等学校等)が申込基準を満たす方を日本学生支援機構に推薦する。

推薦された方を日本学生支援機構が選考する

採用候補者に決定した方に、在学する学校(高等学校等)をとおして「採用候補者決定通知」が交付されます。

進学した学校に「採用候補者決定通知」を提出し、所定の手続きをする。

奨学生として採用決定し、奨学金の振込が開始されます。
申込にあたって
  • ・少しでも進学の希望があり、かつ経済的な不安がある場合は、奨学金の申し込みをしてください。
  • ・奨学金の貸与が始まるのは入学後です。入学前の振込はありません。
  • ・第一種の申し込みが高校3年生の春(4~5月)、第二種が高校生の4月~5月、10月~11月となっています。
    詳細は在学する高等学校の先生にお尋ねください。
  • ・お申込時に選択された貸与月額は、進学後の手続きにより金額変更ができます。
    進学先の学費により金額変更をご検討ください。

奨学生採用後の手続き
(在学する学校が窓口となります)

7月末: 日本学生支援機構へ提出する「返還誓約書」等の書類の記入と提出

※保証の種類によっては、連帯保証人・保証人の方の自署捺印(印鑑証明)や収入に関する証明書が必要となります。
※期日内の提出がないと、採用が取り消されますので十分にお気を付けください。




1月~2月:継続の手続き

※進級後も継続して奨学金の貸与を希望する方は、手続きが必要となります。手続きをされないと進級後の貸与はなくなります。
※この手続き時には、家計状況の質問がありますので、通学にかかる交通費などの修学にかかる費用を事前にお調べください。
※年度途中に貸与を終了したい場合は貸与を終了することも可能です。所定の手続きにより在学中の返済は猶予されます。




進級後:継続貸与




11月~12月:リレー口座手続き

※貸与された奨学金を返還(返済)するための口座手続き。




卒業:卒業の約半年後に返還が始まります。

ちば愛犬をもっと知ろう