お仕事の裏側や業界話などご紹介!

ブログ お仕事の裏側や業界話などご紹介!

お仕事の裏側や業界話などご紹介!

ドッグトレーナー日記~授業の様子 第2弾編~

こんにちは!

ドッグトレーナーコース庭野です

ちば愛犬は学園祭も終わり、
通常の授業の日々が戻ってきています

皆さん学園祭来ていただけましたか?
ドッグトレーナーコース2年生は
犬との写真撮影&しつけ体験&ふれあいの
豪華3本だてを行いました

こんな感じで愉快に終了しました

img_5061

そしてそんな今日は
2年生の授業の様子 第2弾
をお伝えしたいと思います\(^o^)/

さてさて今回は…
皆さんお待ちかね!

~アジリティ授業~

の様子です!

そもそもアジリティとはなんでしょうか?
簡単に言うと、犬と行う障害物のコースです
(人間は犬の前方で指示します)

一般的にドッグスポーツとして知られています
競技会や大会では決められたコースを着実にクリアし、
タイムを競い順位を決めていきます

2年生の授業ではまずは
犬との信頼関係はもちろん
人も犬もいかに

楽しくアジリティ

をできるかを重視しています

まずはハードルとよばれるバージャンプ

バーを地面に置いたところからスタートし、
人と一緒にバーをまたいだり、正面で呼んだり、
犬だけでバーを跳ばせたりしてだんだんレベルアップしていきます

img_4984

お次はトンネル
これもはじめは一番短いところから徐々に長くしていき
トンネルの先を曲げていきます
それでも犬が怖くならないようにトンネルに吸い込まれていくように
トレーニングしていくのです

img_4977img_4978

そしてそしてスラローム
12本のポールを犬がジグザグに
入れるようにしていく障害です

img_4973

ときには人も大股になったり…(笑)
img_4972

最終的にはハードルとトンネルを
つなげてコースにしていったり、
信頼関係が出来てくるとリードがない
ノーリードでもできるんです

競技会では基本ノーリードですが
授業内でも信頼関係ができると
ノーリードでできるんですよ

img_4983

どの犬もるんるんで楽しそう\(^o^)/
このアジリティの授業では最終的に簡単なコースを
ノーリードで楽しく走ることを目標にしています

実は
今回学生たちが担当している犬は
アジリティを知っているベテラン犬ではなく
アジリティを知らない新米犬たちなのです

だから学生が一から教えていっているんですよ
すばらしい(゜o゜)

そんなドッグトレーナーコースに興味がある方は
一度体験会にご参加ください

ドッグトレーナーコースの
体験授業に参加してみる
↓↓↓

(スマホ用申込は写真をクリックしてね)。

予約をポチッ

PC

動物 と 植物 の 専門学校
専門学校 ちば愛犬動物フラワー学校

check check

興味を持ったなら

オープンキャンパス

参加してみよう!

ちば愛犬をもっと知ろう