どうぶつのお仕事 コラム

ちば愛犬動物フラワー学園  > どうぶつのお仕事 コラム > 動物看護師 > 動物看護士になるには?動物看護士を目指すなら専門学校へ行こう

動物看護士になるには?動物看護士を目指すなら専門学校へ行こう

主に動物病院で働き、獣医師のサポートが中心業務となる動物看護士。
動物に関する知識を持ちながら病院運営の様々な雑務をこなす必要があり、幅広いスキルが必要な職業です。

そんな動物看護士は、近年、特に女性を中心に人気が高まっています。
動物と関わる仕事である点をはじめ、専門的な仕事内容であるため経験を積むことで再就職も比較的容易になるからです。

それでは動物看護士になるには、何から始めればいいのでしょうか。
基本的には、動物看護士について学べる専門学校への進学がスタンダードな道のりとなっています。

動物看護士になるには

動物看護士は国家資格が必要な資格ではないため、原則的にはなるために必要な工程はありません。
アルバイトでも正規雇用でも動物病院等で動物看護士として採用されれば、学歴も資格も持たずに動物看護士として働くことが可能です。

しかし、冒頭にもあるように業務内容は専門的な領域となるため、実質的に知識と技術を身につけておく必要があります。
また実情として大きな動物病院以外だと教育に充てる時間もなかなか取れないため、即戦力でなければ雇用も難しくなっています。

そのため、動物看護士になるには、まずしっかり学ぶための専門学校に進むのがスタンダードな道のりとなります。
専門学校は業界特化で資格取得や就職にも強いという点も、進学すべき理由の一つです。

動物看護士について学べる専門学校では、動物看護学や生態学といった生物系の座学に加えて、雑務に必要なビジネススキルなどについても学べます。
また大学や通信講座ではなかなか出来ない実習も豊富で、動物看護分野以外にもトリミングや動物病院の受付業務などを実際のシチュエーションに近い形式で学ぶことができます。
動物看護士はやはり即戦力レベルの技術が求められている分、しっかりと実習の時間が確保されている専門学校の通学系コースを選択するのが重要です。

昼間部と夜間部がある場合、どちらもメリットデメリットはありますが、可能であれば昼間部に通う方がオススメです。
動物看護士は業務内容が広く自ずと学ぶ内容も多いため、授業時間が多い昼間部の方が身に付く量も多くなるからです。

また、専門学校では動物看護士に関わる各種資格もカリキュラム内で取得を目指すことができます。
動物看護士になるには持っていなければいけないものではありませんが、就職を目指すのであれば持っていた方が確実に有利に働きます。
動物看護士統一認定機構認定の動物看護士資格のほか、AAVサロントリマー検定や愛玩動物飼養管理士の資格を取得しておくことで、対応できる業務の幅も広がり、動物看護士として重宝される人材になることができます。

動物看護士になるために必要なこと

動物看護士になるには専門学校への進学がスタンダードだという話ですが、実際専門学校に行った後はどういったことを身につけるべきでしょうか。

前項の通り、取得可能な資格はチャレンジしておくべきです。
特に動物看護士統一認定機構認定の動物看護士資格については、動物看護士が専門性の高い職業ということで今後国家資格化される可能性がある以上は、取得しておいた方が後々有利に働く可能性があります。
最近では上記の資格がなければ採用を見送る動物病院も出てきているため、可能な限り取得しておくべき資格と言えるでしょう。

また、動物看護士が獣医師のサポート役とはいえ、同分野の業務を行う以上は動物の扱いに関して同レベルの知識を持っている必要があります。
獣医学こそ修める必要はありませんが、来院される方にとっては動物看護士も動物のエキスパートです。
特に動物病院の中では折衝面を動物看護士が行うことが圧倒的に多いため、知識に加えてコミュニケーション能力についても学校で養えると効果的です。

何より、専門学校に通うことでよりたくさんの種類の動物と触れ合い、経験しておくことが大切です。
勤務先の動物病院にも寄りますが、犬や猫専門というのでなければ爬虫類や鳥類、その他小動物を受け持つことも当然あり得ます。
そんな時に扱い方がわからないのでは、動物看護士として務まりません。
そのため専門学校を探す際には、保有している動物の種類にも着目しておくべきです。

また、学内の実習も重要ですが、やはり実際の動物病院で実習を受けることが一番の経験となります。
なので授業内ではもちろんのこと、アルバイトやインターンの斡旋を行っているかどうかも、専門学校へ進学し動物看護士になるには大切となってきます。

まとめ

動物看護士は動物の命を扱う非常にデリケートで大切な仕事です。
動物病院に来院される方の中には、大切な家族が弱っていることで精神的に不安定になっている方も少なくありません。
動物看護士はそういう時に、安心を与える立場でもあります。

動物看護士になるには決まった方法がありませんが、必要なこととしては知識や技術以上に、ペットとその飼い主に対する真摯な態度こそが必要なことなのかもしれません。

ペットブームの勢いもあり、今日本ではペットの種類も数もどんどん増加しています。
そんな中で動物看護士の需要も高まり、応じて求められるものも増えていきます。
動物看護士になりたいと思ったその気持ちを大事に、今後の動物業界を担う一員として、ぜひ頑張ってください。