キャンパスLIFE

ちば愛犬動物フラワー学園  > キャンパスLIFE > ドッグトレーナー日記~感動の授業最終日編~

ドッグトレーナー日記~感動の授業最終日編~

2017年03月15日

こんにちは
最近涙腺がすごくゆるくなっている庭野です
(笑)

だいぶ遅くなってしまいましたが…

今日はドッグトレーナーコース2年生の
2年間の最後の授業についてお伝えします

最後の授業は午前中
パピー(仔犬)トレーニングをして
午後はすべての授業の最後という事もあり、
学生のやりたいことをやりました

まずは午前中のパピー授業の様子です

今回は学校で生まれた
シーズー・トイプードル・ヨークシャテリア
の仔犬たちが
たくさんいるので授業に参加してもらいました(^^)
犬も人間同様色々な物への
社会化(慣らすこと)をします
社会化しないでいると、
将来人と暮らしていくうえで
問題が起こってしまいます

だから仔犬の時期の経験はとても大事なんです
(10/5記事参照)

そして社会化の時期も大切で
生後4週齢~13週齢が
最も適している時期と言われています
どの慣らしもいいこと(おやつ)と
関連付けて教えていきますよ

①首輪とリード

首輪とリードをつけるのも
いきなりつけるのではなく
犬が受け入れてくれるようにおやつを食べながら
徐々につけていきます

②物体慣らし

椅子・キャリーケース・傘・ドライヤーなど
将来様々なものに出会います
出会ったときに怖くないようにしておかないとね

③犬同士の遊び

そして最後には犬同士の
遊び&呼び戻し(オイデ)をします
ここで学ぶのは犬同士での遊び方
じゃれながら噛んでいい力加減、
他の犬が怖くないこと、
人に呼ばれたら人の所に戻る
などなどたくさんあります(^^)/

犬も人も日々勉強なのは変わらないですね

待ちに待った午後は学生たちの
やりたいことをしましたよー
さてさて何をやるのかな?

クラスみんなで話し合って決めます
アジリティー(応用編)、
鬼ごっこ、先生鬼(おや…?)、
かくれんぼ、騎馬戦などなど

ちょっとあれ?と思うものもありましたが
いろんな案が出ました

そして多数決で選ばれたのは

………

………………………

………………………

アジリティーです
アジリティーの道具の準備をしつつ
犬の準備をしていきます
こういうときはいつもより早いスピードで
準備が終わりますね~(笑)

担当犬との最後のアジリティー

応用編で少し難しいコースにもチャレンジできました

すべてが最後なので各々犬と写真撮ったり、
友達と写真撮ったり自由に過ごしました

そして担当犬との別れで
泣いてしまう学生もいて
こんなに担当犬を愛してくれて
とてもうれしい反面、
切ない気持ちにもなりました

最後にはスタッフも学生も泣きながら
挨拶をして、たくさん写真撮影をし、
時間ギリギリまで話をしてお別れをしました(;O;)

2年間というのはあっという間ですね。
でもその2年間は社会人になるためにとても大事な2年間。

その2年間をちば愛犬で過ごしてくれたことに感謝です

ちば愛犬のドッグトレーナーコース
で学んだことは
動物関係のお仕事で必ず活かせるはず
学んだことを基礎にして職場でも日々学びながら
頑張ってほしいですね(^^)/

次に全員で会うのは卒業式になるけど、
卒業式は泣かない努力をしようと思う庭野でした

2017年03月15日12時00分 | この記事のリンク
   

月別記事